この記事の所要時間: 239

太陽光発電の売電価格

太陽光発電システムが現在、急速に普及を遂げているのは、家庭で発電した電力の余剰を電力会社に買い取ってもらう事が出来るからです。
システム自体は100万円を下らない高額なものですが、最初にかかるコストを回収した後は、売電により家計を助けてくれる投資でもあります。

長期にわたって一定の売電価格

太陽光発電を始め、風力、水力、地熱、バイオマス発電のような再生可能エネルギーを利用して発電した電力は、電力会社に買い取ってもらう事が出来ます。
その売電価格は導入時の固定価格となり、10年間(または20年間)同じ価格で買い取り続けてくれます。
2009年から始まったこの制度を固定価格買取制度といい、再生可能エネルギーの普及を目的とした制度です。

ただ、この目的が達成された暁にはこの制度も廃止されることが決まっています。
いつまで続くか分からない制度ですが、売電価格は年々下落し続けており、一部では太陽光発電はもはや有利な投資とは言えないという声まで聞かれます。
しかし、電力会社が供給する電力に比べて、まだまだ非常に割高で売る事が出来て、それが導入から10年間同じ価格で続くわけですから、今のうちに導入するなら十分にメリットのある投資と言えるでしょう。

下落を続ける売電価格

先ほども述べたように、売電価格は年々下落を続けています。
固定価格買取制度が始まったのは2009年ですが、その当時は10kW未満の発電容量のシステムで余剰電力1kWにつき48円という価格で買い取ってもらえました。
それが2012年には42円、2013年には38円、2014年には37円と引き下げられ、2016年には31円(出力制御対応機器の設置義務がある地域は33円)にまで下落しています。
なお、10kW以上の発電容量があるシステムは産業用とみなされ、全量買取という仕組みになり、余剰買取より低い買取価格になっているようです。
2016年度の全量買取の売電価格は24年+税という価格ですが、余剰電力の10年間と違い20年間の固定価格となっています。
一般の住宅ではほぼ10kW未満の太陽光発電システムになりますが、屋根の面積が広大な住宅や、ガレージなどの屋根にもパネルを敷き詰める場合は、10kWを超えることもあるでしょう。

今後の売電価格の見通し

このように年を追うごとに売電価格は下がり続けています。
このような状況を見て、もはや太陽光発電は有利な投資とは言えないという意見も出ていますが、それでもまだまだ低リスクかつメリットの大きな投資です。
売電価格が48円の時代と比べると不利な状況に思えますが、現在のシステムはその時のものより低価格化が進んでいます。
それに1kW31円という価格は、電力会社が一般に販売している電力の価格よりもまだまだ高い数値です。
この価格が10年間続くわけですから、システムの利用者に有利な状況には変わりません。
いずれ固定価格買取制度はなくなる事が確定していますから、いつか太陽光発電を導入することになるのであれば、出来るだけ早い内に導入して売電で収入を得た方がお得です。

【簡単1分!適正価格で太陽光発電を行う方法】

太陽光発電は状況や業者によっても大きく費用・相場が変わってきます。
業者によって数百万円単位で損をしたという方も存在します。

タイナビでは、色々な業者と比べる事が出来るため、より安い業者に依頼する事が出来ます。
参加している業者はしっかりと審査を行った業者なので、サービスもしっかりとしています。
また、複数の業者と比べて見積書を比べる事で、相場も見えてくるというメリットがあります。

申し込み自体は約1分で終わります。

>>太陽光発電の適正価格を確認してみる

実際に見積もりが出来る業者

太陽光発電業者