この記事の所要時間: 251

太陽光発電の発電量

太陽光発電システムの導入を考える際、最も気になるのはどのぐらい発電出来るかという点です。
少しでもたくさん発電出来るシステムを設置したいと考えて、メーカーや製品選びに腐心する人は多いですが、実際の発電量は、システムの性能以外に様々な要素が関係します。
それらを総合的に視野に入れて、実際に得られる太陽光発電の発電量を考えましょう。

太陽光発電の発電量の決定要因

太陽光発電の発電量は、下記のような事項にて決定されます。

太陽光パネルの変換効率

まず、太陽光パネルの性能が良いほど、多くの電力が生み出せる事は間違いありません。
その指標としてモジュール変換効率という数値があります。
太陽光エネルギーをどのぐらいの割合で電力に変換できるかを示すもので、高性能のパネルほど変換効率の数値が大きくなります。
現在、市場に出回っている太陽光パネルの変換効率は、10~19%の範囲内のものがほとんどです。
変換効率が高いほど、価格も高くなります。

太陽光パネルの設置枚数

次に、太陽光パネルの設置枚数です。
とうぜん設置する枚数を増やせば増やすほど、それに比例して発電量は大きくなります。
そのため、太陽光パネルを設置できる面積が住宅の屋根にどのぐらいあるかが、発電量を考える時に重要になります。
太陽光パネルは年々進化しており、軽量・省スペースのものも増えているので、新製品ほど多くの枚数を設置する事が出来るでしょう。

太陽光パネルの設置角度や方角

いくら高性能の太陽光パネルでも、太陽光があまり当たらない場所では、当然ながら大きな発電量は期待出来ません。
太陽光が当たれば当たるほど発電量は大きくなるので、設置業者は、パネルの角度や方角を工夫して、少しでも効率よく光を受け止められるように設置します。
理想的な方角と設置角度は、真南に傾斜角30°です。
太陽光の当たる量が最も少ないのが北向きで、真南と比べると発電効率は3分の2にまで下がります。
また、角度は水平に近づけるほど発電効率が悪くなりますし、逆に傾斜角が30°を超えると発電効率が良くなりません。
ただし、理想的な方角と角度で設置しても、周囲の条件によっては乱反射のため光の量は変わってしまいます。

気候や地域の影響

同じように太陽光パネルを設置しても、そこの気候や地域が異なれば、発電量にも変化が見られます。
日照時間の長い地域と雨の多い地域では、当然ながら前者の方が多くの電力を生み出せるでしょう。
全国の日照時間の平均(1981~2010年までの30年間の平均)は、年間1897.4時間ということですが、最長の山梨県は2183時間、最短の秋田県は1526時間と大きな差があります。
お住まいの地域によって、同じシステムを同条件で設置していても、発電量が大きく異なることは知っておきましょう。

どのぐらいの電気をまかなえるのか

一般家庭の平均消費電力量は、年間約5,500kWhと言われています。
1kWの太陽光パネルが1年間に生み出す電力量は約1,000kWhですから、3kWのシステムを導入すれば、年間消費電力量の半分以上をまかなえる事になるのです。
ただし、実際の発電量は上記の条件によって左右されるので、机上の数値がそのまま当てはまるわけではないという事は覚えておきましょう。

【簡単1分!適正価格で太陽光発電を行う方法】

太陽光発電は状況や業者によっても大きく費用・相場が変わってきます。
業者によって数百万円単位で損をしたという方も存在します。

タイナビでは、色々な業者と比べる事が出来るため、より安い業者に依頼する事が出来ます。
参加している業者はしっかりと審査を行った業者なので、サービスもしっかりとしています。
また、複数の業者と比べて見積書を比べる事で、相場も見えてくるというメリットがあります。

申し込み自体は約1分で終わります。

>>太陽光発電の適正価格を確認してみる

実際に見積もりが出来る業者

太陽光発電業者