この記事の所要時間: 239

太陽光発電の買い取り価格

太陽光発電システムによって自宅で発電した電力は、電力会社に買い取ってもらえます。
導入にはコストがかかる太陽光発電ではありますが、消費する電力を自宅でまかない、余った電力を売ることができるシステムですから、長期的な視点で見ると経済的に優しいと言えるでしょう。

当ページでは、太陽光発電の買い取り価格について記載していきます。

電力の固定価格買取制度

2009年に始まった固定価格買取制度は、太陽光発電で発電した電力を、電力会社に固定価格で買い取ってもらう事の出来る制度です。
この制度は、太陽光発電の普及を目指すためのものなので、電力の買い取り価格は、一般家庭が電力会社に支払っている電気料金よりもはるかに割高と言えます。
しかも、買い取り価格はシステムを設置した年度の価格が10年間固定されます。

ただし、この制度の目的は、先ほども記したように太陽光発電の普及であるため、普及が完了したと判断されればいずれは廃止されることになっているのです。
実際年を追うごとに太陽光発電システムを設置する家庭は増えており、買い取り価格は年々引き下げられています。
ですから、太陽光発電を早く導入すればするほど、有利な条件で電力を買い取り続けてもらう事になるのです。

年々下がり続ける買い取り価格

固定価格買取制度が始まった2009年度は、電力1kWあたり一律48円で買い取られていました。
それが年を追うごとに価格は下がり続け、システムの発電容量によっても価格が分かれるようになったのです。

現在は、太陽光発電システムの発電容量が10kW未満であれば余剰買取になりますが、10kW以上であれば全量買取という仕組みになっています。
10kW以上は産業用とみなされるので、買い取り価格は余剰買取より低く設定されているようです。
2016年度の買い取り価格は、10年間固定で、発電容量が10kW未満の場合、1kWあたり余剰買取31円、もしくは33円となっています。
発電容量が10kW以上になると、買い取り価格は1kWあたり24円+税ですが、20年間この価格で固定です。
一般家庭であれば、ほとんど10kW未満の容量と考えられますから、設置から10年間上記の価格で買い取り続けてもらうことになります。

今後の固定価格買取制度

一部の報道などによると、買い取り価格が下がり続けている現状では、太陽光発電システムの導入は投資的にあまり有利とは言えなくなったともされています。
確かに一律48円の頃と比べると、売電のメリットは小さくなってきましたが、それでもリスクの少ない投資なのは明らかです。
それに、以前と比べると、システムの価格自体が大幅に下がっていますし、10年間固定価格での買い取りであることには違いないですから、メリットは十分に保たれていると言えます。

しかし、今後はさらに買い取り価格は下がっていくことが確実です。
システムの価格もやがて下げ止まりになるでしょう。
それを考えると、いずれ導入するのであれば、今のうちに導入してしまった方が経済的には有利と言えるでしょう。

【簡単1分!適正価格で太陽光発電を行う方法】

太陽光発電は状況や業者によっても大きく費用・相場が変わってきます。
業者によって数百万円単位で損をしたという方も存在します。

タイナビでは、色々な業者と比べる事が出来るため、より安い業者に依頼する事が出来ます。
参加している業者はしっかりと審査を行った業者なので、サービスもしっかりとしています。
また、複数の業者と比べて見積書を比べる事で、相場も見えてくるというメリットがあります。

申し込み自体は約1分で終わります。

>>太陽光発電の適正価格を確認してみる

実際に見積もりが出来る業者

太陽光発電業者