この記事の所要時間: 245

太陽光発電のメンテナンス

太陽光発電を導入し、売電によって収入を得るためには、導入にかかる初期費用だけでなく、メンテナンスによる費用にも注意しなくてはなりません。
当ページでは、太陽光発電のメンテナンスについて掲載しています。

太陽光発電もメンテナンスは必要

メンテナンスの必要がないとまで言われた太陽光発電ですが、10年、20年と長期にわたって使用するためには、やはり点検などは定期的に行うべきです。
一般の電化製品とは仕組みの異なる太陽光パネルですから、部品が回転して電気を起こすわけではないので、長期間の使用による消耗ということはほとんどありません。
したがって、点検は必要であっても定期的な部品交換はないと考えてよいでしょう。

ただ、システムに問題はなくても、長期間の使用のうちに太陽光パネルが汚れて発電量が下がる事はありますし、たとえば雑草の繁茂など周囲の環境の変化でパネルに影が差すようになっても発電量は大きく下がります。
また、パネルやパワーコンディショナーに異常がなくても、それらを接続するケーブルは劣化や破損があり得ますし、システムを支える架台のボルトが緩むことも考えられるでしょう。
そういった意味では、やはりメンテナンスは重要です。

定期点検にはほとんどお金がかからない

こうしたメンテナンスは設置業者が行うことが多いですが、多くはアフターサービスとして無料で定期点検を行ってくれます。
費用がかかる場合でも数千円程度での金額を考えておけば事足りるでしょう。
耐久性の非常に高い太陽光発電システムですから、順調に稼働しているうちはメンテナンスの費用はほぼ掛からないと考えてかまいません。
また、どんなメーカーであれ、修理や交換のための保証が付いています。
最低でも10年間は保証が付いており、長いところでは20年保証というメーカーもあるので、購入の際には保証の内容と期間にも注目するとよいでしょう。

メンテナンス費用を抑えるために

保証期間が終了すれば、修理や交換が必要な時には当然ながら費用がかかります。
構造上、故障することは少ない太陽光発電システムですが、積雪、落雷、強風による飛来物、鳥の糞害などでパネルが破損することもあるでしょう。
パネルの交換には1枚当たり10万円程度かかると考えられ、修理で対応出来るならそれよりは安くなります。

また、パワーコンディショナーは、大きな負荷のかかる機器で、長期の使用により故障の可能性が高くなるようです。
交換には10万円から数十万円ほどかかることが多くなります。
業者の点検に任せ切りではなく、自分でも明細書で発電状況をチェックしたり、パネルの汚れやキズ、ケーブルの破損、振動や異音、異臭がないかなど目視で点検したりするようにしましょう。
不具合や故障を長期間放置すると、発電量の低下はもちろん、修理時に必要以上に費用がかかってしまいます。

一括見積もりで優良業者を見つけよう

太陽光発電システムの設置業者を決める際には、設置後のメンテナンスなどアフターサービスについても検討しましょう。
優良な業者を見つけるには、一括見積もりを利用するのも良い方法です。
メンテナンスの内容についても色々な業者から話が聞けます。

【簡単1分!適正価格で太陽光発電を行う方法】

太陽光発電は状況や業者によっても大きく費用・相場が変わってきます。
業者によって数百万円単位で損をしたという方も存在します。

タイナビでは、色々な業者と比べる事が出来るため、より安い業者に依頼する事が出来ます。
参加している業者はしっかりと審査を行った業者なので、サービスもしっかりとしています。
また、複数の業者と比べて見積書を比べる事で、相場も見えてくるというメリットがあります。

申し込み自体は約1分で終わります。

>>太陽光発電の適正価格を確認してみる

実際に見積もりが出来る業者

太陽光発電業者