この記事の所要時間: 237

太陽光発電の仕組み

太陽光発電システムが電力を生む仕組みですが、まず、太陽光のエネルギーを受けて電気を生む太陽電池の仕組みがあり、次にそこから家庭で使用出来るように電気を変換するシステムの仕組みがあります。
知らなくても売電で儲けを出すことは可能ですが、ある程度の知識は備えておいた方が、太陽光発電のメリットを最大限に活かせるでしょう。

太陽光パネルが発電する仕組み

太陽光パネルは太陽電池とも呼ばれますが、これは異なる性質を持つ物質が重ね合わせられて作られています。
太陽光がこれに当たると、それぞれの物質の持つ性質に合わせて電子が動き、電気エネルギーが生み出されるのです。

太陽電池に使用される物質は、シリコン系、有機系、化合物系と大きく3つに分けられ、それぞれにコストや発電効率など異なる特徴を持ちますが、現在普及が進んでいるのはシリコン系の太陽光パネルで、世界全体で約8割のシェアを占めています。
また、太陽電池は、基本単位をセルといい複数のセルを配列し、樹脂や強化ガラスで表面を覆いパネル状にしたものを太陽光パネルや太陽光モジュールなどと呼び、この太陽光パネルを複数枚接続したものをストリングスやアレイと呼びます。

発電量を大きくするには、太陽光パネルを設置する面積を出来るだけ広く取る事です。
太陽電池が生み出す発電量は、太陽光の量によって変化しますが、これは太陽光パネルの設置角度や方角、設置した土地の気候、周囲の物体による影や乱反射など、様々な要素が絡み合っています。
太陽光パネルの材料が異なるのは、こうした外的な影響下においても安定して発電するための工夫と言えます。

太陽光発電システムの構成

太陽光パネルで発電した電力は、そのままの形では家庭の電力として使用できません。
最初に発電されるのは直流の電力であるため、太陽光発電システムには、それを交流電力に変換する装置が必要になります。
また、太陽光パネルには蓄電能力がないため、光が当たっていない時には電力会社からの供給電力に切り替える装置も必要です。
これらを全て合わせて太陽光発電システムと呼びます。

複数の太陽電池が生み出した直流電力は、接続箱で1本に結束され、それがパワーコンディショナーに送られ、交流電力に変換されるのです。
変換された電力は、家庭で使用できるように分電盤によって配線に分けられます。
分電盤は、電力を家庭の配線に切り替えたり、電力会社からの電力に切り替えたり、余剰電力がある時は電力会社に電力を送るという働きも持っており、分電盤のおかげで、売電した電力と電力会社から供給された電力が計量出来るのです。

売電で利益を得るために

太陽光発電による電力で利益を得るには、以上のシステム全体にかかるコストと実際に生み出せる発電量が影響します。
売電で利益が得られるのは、初期費用の回収が終わってからですので、なるべく低コストで、それでいて発電量の大きなシステムを選ぶ事が大切です。
そのためには、一括見積もりにより複数の業者を比較して、優良業者を選ぶ事が第一歩となります。

【簡単1分!適正価格で太陽光発電を行う方法】

太陽光発電は状況や業者によっても大きく費用・相場が変わってきます。
業者によって数百万円単位で損をしたという方も存在します。

タイナビでは、色々な業者と比べる事が出来るため、より安い業者に依頼する事が出来ます。
参加している業者はしっかりと審査を行った業者なので、サービスもしっかりとしています。
また、複数の業者と比べて見積書を比べる事で、相場も見えてくるというメリットがあります。

申し込み自体は約1分で終わります。

>>太陽光発電の適正価格を確認してみる

実際に見積もりが出来る業者

太陽光発電業者