この記事の所要時間: 232

屋根一体型の太陽光発電システム

全国に設置されている太陽光発電システムのうち、約8割は屋根に架台を取り付けて太陽光パネルを設置するタイプです。
この据え置き型にも多くのメリットがありますが、最近では屋根材に太陽電池を組み込んだ屋根一体型の太陽光パネルも増えています。

据え置き型の太陽光パネルのメリット

屋根への据え置き型の太陽光パネルは、最初に屋根に架台を取り付けて、その上に太陽光パネルを載せて固定するタイプです。
この据え置き型には、コストを抑える事が出来る事と、取り換えがしやすくメンテナンスの際に手間が掛からないというメリットがあります。
その上、太陽光パネルが架台に載っている事で、屋根との間にすき間が生まれ、熱がパネル本体にこもることを防げるでしょう。
パネルに熱がこもると発電ロスが生まれますから、据え置き型には発電効率を保つというメリットもあるのです。

外観に優れた屋根一体型の太陽光パネル

屋根一体型の太陽光パネルとは、文字通り太陽光パネルと屋根材が一体化したものです。
そのまま建材として使えるので、デザインに優れているというメリットがあります。

近くでじっくり見ると太陽光パネルである事が分かりますが、少し離れた所からはそれとは分からない程で、住宅の見た目に違和感がありません。
また、パネルを設置するための架台を屋根に取り付ける必要がないため、屋根に不要な負担をかけることがありません。
据え置き型では、架台の設置の際に空けた穴から雨漏りが起こるというリスクがありますが、そういった心配がないのが屋根一体型の太陽光パネルです。
ただ、据え置き型と違って熱のこもりやすい構造なので、暑い夏の日など発電効率が低下する事があります。
しかし、屋根全体を覆う事が出来るので、据え置き型より発電量を大きくすることが可能です。

屋根一体型のデメリット

まず、据え置き型より高価になることが挙げられます。
屋根の一部になるので、耐火や防火の機能も持ち合わせてないといけません。
そのため、据え置き型と比較すると価格は高くなります。
また、屋根と一体化しているため、トラブルや故障が発生した際にはメンテナンスや交換にかなりの手間が掛かるでしょう。
加えて、屋根と一体化しているため、太陽光発電システムも建物の一部とみなされ、固定資産税の対象になってしまいます。

外観とコストのどちらを重視するかで判断する

以上のことから、外観やデザインを重視するなら、屋根一体型の太陽光パネルの方がオススメですが、コストをなるべく抑えたいという方には、従来の据え置き型が望ましいでしょう。
太陽光パネルに何かあった際も、修理や交換がしやすいという利点もあります。
屋根一体型は、万一の故障の際に修理に非常に手間がかかり、その分、修理費用も高額です。
ただ、非常に美しいデザインの商品も登場しているので、住宅の外観を重視したいという方は、屋根一体型の太陽光パネルがオススメでしょう。

【簡単1分!適正価格で太陽光発電を行う方法】

太陽光発電は状況や業者によっても大きく費用・相場が変わってきます。
業者によって数百万円単位で損をしたという方も存在します。

タイナビでは、色々な業者と比べる事が出来るため、より安い業者に依頼する事が出来ます。
参加している業者はしっかりと審査を行った業者なので、サービスもしっかりとしています。
また、複数の業者と比べて見積書を比べる事で、相場も見えてくるというメリットがあります。

申し込み自体は約1分で終わります。

>>太陽光発電の適正価格を確認してみる

実際に見積もりが出来る業者

太陽光発電業者